内涵哦 >  > 励志故事 [Double SoftCream] 優艶の花 後編 (1-2)两部合集

励志故事 [Double SoftCream] 優艶の花 後編 (1-2)两部合集

1
     分享给朋友可以涨姿势

 

哎呦?楼上那个小混蛋在给我乱立FLAG,看我不好好调教一下你,来,乖乖站好♂(吐槽一下这画风 好多骚年对[Double SoftCream] 優艶の花 後編  (1-2)两部合集实在撸不起来啊!!嘤嘤嘤,编编也表示很无力,谁教出来的美术真没水准咧)
1mg1gnR6 vafc

5lbbbuzzbql6
后篇由[Double SoftCream]社团于前篇同年8月27号推出。
叙述的是女主優華性x觉醒逆袭黄毛弟弟获得自由的励志故事
(表示丈夫看到優華bibibi~~~~的时候跪在地板上的场景真是赞~)



前篇
サークル名 : Double Soft Cream
ホームページ : http://www.doublesoftcream.net
販売日 : 2011年01月06日
シリーズ名 : 優艶の花
年齢指定 : 成人向け
作品形式 : 同人ソフト動画作品
ファイル形式 : Flash
対応OS :[PC]WindowsXP / WindowsVista / Windows7
その他 :音声あり音楽あり動画あり3D作品体験版ありレビューあり
ジャンル : 人妻 寝取られ 中出し オナニー 調教 巨乳/爆乳
774B6B3562850B6AE409C94F19A9E168A7D2E81D


剧情介紹

優華は結婚した事を後悔していた。

結婚の相手は小説家だった父親のアシスタントをしていた男だった。
今はアシスタントを卒業し作家としてデビューしている。

彼女は父親のお気に入りだったこの男と、言われるままに結婚をしたのだった。

それから一年がたった。

まだ新婚だと言うのに仕事ばかりの夫は離れの二階に閉じこもり、一日中そこで過ごしていた。

もともと神経質な性格 の夫は、そこに優華が 近寄るのを嫌がった。

そんな夫の態度にも優華は文句一つ言わなかった。
ただひたすらに 夫が振り返ってくれるのを待つ、そんな日々が続いていた…。

しかし、彼女の心は徐々に闇に蝕まれていた。

「寂しいの、私はただ温もりが欲しいだけなのに…。」

彼女は自分でも気付かない間に乳房をまさぐっていた。
痺れる様な感覚は甘く、不安な気持ちを忘れさせてくれる気がした。

そうやって彼女はオナニーに目覚めてしまったのだ。

若妻の秘密の行為は毎晩の様に繰り返された。
それは、誰にも見つからない様に深夜にこっそりと。

しかし優華は知らなかった、自分の淫らな姿を他の誰かに見られているという事を…。



後篇
サークル名 : Double Soft Cream
ホームページ : http://www.doublesoftcream.net
販売日 : 2011年08月27日
シリーズ名 : 優艶の花
年齢指定 : 成人向け
作品形式 : 同人ソフト動画作品
ファイル形式 : Flash
対応OS : [PC]WindowsXP / WindowsVista / Windows7
その他 : 音声あり音楽あり動画あり3D作品体験版ありレビューあり
ジャンル : 汁/液大量 ポリゴン アニメ 人妻 寝取られ 巨乳/爆乳
0F8BF97DBF38D0D11CB95A47A3B7D987E78B009A(后+前)


火元 優華
————–
自慰行為をネタにタケルに脅され、性奴隷の日々を送る。
あらゆる快楽を教え込まれた彼女は、やがて淫らな女としての性に目覚めてしまう。

身長:158センチ
B:88
W:59
H:89
血液型:O型

声優:長瀬ゆずは


火元 昭一
————–
優華の夫。
気難しく自己中心的な性格。
執筆活動に息詰まっており絶えずイライラしている。

 


火元 タケル
————–
昭一の弟。
優柔不断な性格でギャンブル、女遊びが大好き。
弱みを握った優華にやりたい放題の事をし続ける。

 


剧情介紹

自慰行為に夢中になっている所を夫の弟(タケル)に目撃されてしまった優華。
その事がきっかけで義弟と肉体関係を持つまでになってしまっていた。

一度許してしまうと底なし沼の様に彼女の体を求めてタケルはやってきた。

朝食の支度をしている時、風呂やトイレ掃除の最中…彼女が一人でいるところを見つけては所構わずペニスを押しつけてきた。

夫以外の男性経験もなく、それすら数えるほどしか無かった初な優華にとっては、義弟のたくましい肉棒は見る事さえ恐ろしい物だった。

だが、オナニー中毒になる程の素養を持っていた彼女にとって、それはすぐに快楽の対象として映るようになってしまった。

今ではタケルに見つめられるだけで体が熱くなる…ネットリとした熱い愛液が染み出てきて股間を濡らすのだった。

それは夫が近くにいるほど激しくなった。
見つかってしまうかもしれないというスリルが彼女の体を敏感にさせて、より激しい快楽を脳に送り込むのだった。

ある時、三人で食事中にタケルが机の下で足の指を使って、優華のワレメをまさぐり出した。

クリ●リスに無骨な足の指が触れた瞬間、強烈な快感が体を駆け抜ける!
そして電流が走った様に体がビクリとしなって、思わず箸を落としかけた。

ツボを探し当てたタケルはそのまま執拗に指先でいじり続た。
その刺激に耐えられるはずも無く、彼女は夫の見ている前で声を噛みしめ絶頂に達してしまったのだった!

次は彼にどんな目にあわされるのだろう。
今日も期待と不安を抱きつつ若妻の快楽地獄が始まろうとしていた…。

[110106][Double SoftCream]優艶の花 前編 墜ちて行く若妻[BIG5+GB]
[110827][Double SoftCream]優艶の花 後編 調教された淫ら妻[附前編][BIG5+GB]

保护作者版权 本站不提供下载

暧昧帖